エアコンは夏を乗り切るために不可欠なアイテムです。しかし長年使っているとエアコンもどんどん冷えなくなってしまったり、壊れてしまったりすることもあります。そこで夏が近づく前にエアコン新たに買い換えることを検討される方も少なくないでしょう。また今まではエアコンがなかった部屋にも今年の夏を機にエアコンを導入しようとされている方もいるかもしれません。そのようにエアコンを設置する際にエアコン取り付け費用というものがかかります。ではエアコン取り付けにかかる総額はどれぐらいになるのでしょうか。

エアコンの取り付け工事の費用

費用エアコンの取り付け工事はどこに取り付けるかによって変わります。もしも元々エアコンについている配管などの部品で工事が完了する場所であれば、1万円から15000円ほどで工事が完了するでしょう。しかしながらもしエアコンの室内機と室外機が遠くにある場合、元々エアコンについている4Mほどの配管では長さが足りないことも多々あります。そのような場合は足りない部分の配管を出さなければいけませんのでその分の追加料金がかかります。追加料金の相場としては、数千円から1万円を見ておくと良いでしょう。もちろんどれくらいの長さを追加しなければいけないのかによって価格も変わってきます。

すでにエアコン持っている場合には取り外し費用もかかる

すでにエアコンを持っていて新しいエアコンに買い換える場合に、古いエアコンの取り外し費用についても忘れてはなりません。大体取り外しにかかる費用は4000円から1万円ほどとみておくと良いでしょう。またリサイクル料金などもかかりますので、そのぶんの費用も頭に入れておかなければなりません。また業者によっては新しいエアコンの取り付けと古いエアコンの取り外しの工事をセットとして行っているプランを提供しているケースも多々あります。そのようなプランを提供している業者の場合別々に依頼するよりもかなり安く工事を行うことができるでしょう。そのため新しいエアコンに買い換える場合にはそのようなキャンペーンを行っている業者を探すのもひとつの良い方法です。

オプション料金のことも考えよう

オプション料金として足りない配管を付け足すと言った必要不可欠の工事以外に、配管の見た目を美しくするための衣装カバーなどもあります。この衣装カバーがあれば見た目がすっきりするので室内の配管も気にならなくなるでしょう。また室外機の方の配管にもカバーをすることによって、風にさらされることがありませんので配管を長持ちさせることも期待できます。しかしながら当然このカバーがなければエアコンが機能しないとだけではありませんので、必要不可欠なオプション行使ではありません。

またエアコンは電圧が高めのコンセントでなければ使うことができません。通常家庭用のコンセントは100Vですがエアコンの場合には200Vが必要です。大抵の場合エアコン専用のための電圧に設定されたコンセントがあるものですが、設置したい場所によっては専用のコンセントがないケースも多々あります。そのような場合には回路増設が必要となり、そうした分も含めると総額としては3万円程度かかることもあります。

このようにエアコンの取り付けはその設置場所によっても必要とされる工事が変わってくる可能性がありますので、一概に決めることはできません。そのため素人でも基本的なエアコンの取り付けに関する知識を事前に学んでおくと、見積もりの際にもその内容をよく理解することができるでしょう。また地元の取り付け専門の業者に依頼することによって、アフターメンテナンスなども視野に入れた取り付け工事を行うことも可能です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket